~成膜技術のパイオニア~ 時代の扉を開く信頼の真空成膜技術 アルバック成膜 株式会社です。 TEL0494-24-6511
超LSI製造用マスクブランクス,大型マスクブランクス,液晶カラーフィルター用ディスプレイ関連薄膜,DNAチップ,ガラスMEMS,半導体用電子材料,マイクロマシン,ガラス・モールド,薄膜,バイオチップについて

秩父地場産センター トップページへ

~成膜技術のパイオニア~ 時代の扉を開く信頼の真空成膜技術
アルバック成膜 株式会社

お取扱いキーワード
超LSI製造用マスクブランクス
大型マスクブランクス
液晶カラーフィルター用ディスプレイ関連薄膜
DNAチップ
ガラスMEMS
半導体用電子材料
マイクロマシン
ガラス・モールド
薄膜
バイオチップ
 
1979年に株式会社アルバックより分離独立した当社は、高性能の真空成膜技術を活かし、世界に先駆けてハードマスクブランクスを開発しました。その後も超LSIの開発を可能にする等、成膜技術の先端を常に追求しています。
ご連絡先
担当者 代表取締役社長 五野上好則 ホームページへ

地図はこちら

お問い合わせ
電話 0494-24-6511
FAX 0494-24-9651
URL http://www.ulcoat.co.jp/

商品・サービス情報

半導体用ハードマスクブランクス

当社は、半導体用ハードマスクブランクスの製造をしております。半導体用ハードマスクブランクスはLSIや超LSIなどの半導体集積回路を描く原版(マスク)になるものです。現在、世界中のLSIメーカーが使用しているメタルクロムと酸化クロムからなる低反射マスクは当社が世界に先駆けてつくり出した製品であり、またこれによって初めて超LSIが可能になったと言えます。
さらに、最先端マスクの原版として注目されるハーフトーン型位相シフトマスクブランクスを開発・販売し、半導体の一層の微細化、高集積化のニーズにお応えしております。

大型マスクブランクス

近年、更なる大型化・高精細化が求められているフラットパネルディスプレイの分野でも原版(マスク)が使われており、使用用途は、フラット型テレビやプラズマディスプレイの生産です。
当社の大型マスクブランクスは、これらフラットパネルディスプレイの生産工程に多く用いられており、今後も世界の市場で高いシェアを獲得していきます。

液晶カラーフィルター用フラットパネルディスプレイ関連薄膜

フラットパネルディスプレイ(FPD)は平面型テレビ、パソコンのディスプレイ、車載用ナビ、携帯電話モニター等々とその用途は拡大しております。
当社は、これら液晶表示パネルのカラーフィルターの部材となる高精細用BM(ブラックマトリクス)膜などFPD関連の薄膜製品を製造しております。
BMとは、カラーフィルターの表示機能を高める為にRGB(赤・緑・青)画素間で光を遮る部分です。当社のBMはコントラストの向上と外光によるTFT素子の誤動作を抑えます。

DNAチップ

ガラス基板上に微細な流路加工を施したガラスMEMS。これは、バイオ解析等に使用されている製品の中の一つです。当社では、他社に先駆けて大型DNAチップを開発し、さらに化学分析や化学合成用途に使われるマイクロ化学チップと呼ばれている製品も製造しています。

ガラス・モールド

超高集積半導体CHIP配線装置に用いられる部品を製造する為には、従来のハンダづけではそれが出来ません。より精細なハンダ付けを行う為に、当社のガラス・モールドが使われます。これにより半導体をより高集積化出来るのです。大手ゲーム機メーカーのゲーム機器の部品を作り出す為にも用いられています。

主要生産品目
主要取扱品目
1、真空成膜装置を用いて石英・ソーダライムなど各種ガラスの表面に金属クロム膜・ノンクロム膜を膜付けした真空薄膜製品および関連商品の製造・販売
2、バイオ関連のDNA-chipやμ-tasと呼ばれている化学分析chip、その他超高集積半導体chip配線装置に用いられるガラス・モールドなどのガラスMEMS製品の製造・販売

企業情報

企業名 アルバック 成膜株式会社
業 種 電子材料製造業
代表者名 代表取締役社長 五野上好則
電 話 0494-24-6511
FAX 0494-24-9651
URL http://www.ulcoat.co.jp/
所在地 〒368-0056 埼玉県秩父市寺尾2804
資本金 2億7,200万円
従業員数 270人

定休日 週休二日制、年末年始、夏期休業
営業時間 8:30~17:00
△ページ先頭へ


秩父地場産センター

Copyright(c)2006 秩父地場産センター All Rights Reserved.