FIND Chichibu  地域地場産業振興センター 予測研究分科会ページです

地域地場産業振興センター トップページへ

予測研究分科会

サイト内検索(製品・商品・サービス名etc)
予測研究分科会

過去の実績・データなどに基づく予測技術の実用化を研究し、地域振興となる予測手法を模索する。

■ 主な活動内容

【平成23年度】

試験的に「芝桜の混雑度予測」をテーマに開始した。 データを収集し予測プログラムを作成、活用モニターを募集し予測データを配信、期間終了後アンケート調査を実施し、精度の確認、必要とする予測データ等をまとめ、実用的な使い方を見極め、確立された予測プロセスの公開方法を検討する。

【平成24年度】

4月1日より5月6日までの『芝桜の混雑度予測』を実施し、公募したモニター希望者に配信した。終了後のアンケート結果および実際のデータとの照合結果から、ある程度の精度は得られたものの実際の要求に答えるには更なる精度アップと配信方法の工夫が必要、と判明した。
8月以降、分科会長都合で休会。

【平成25年度】

セミナーの開催
平成25年11月21日(金) 18:00~
地場産センター 5階経営研修室
講 師:茨城大学 工学部 知能システム工学科 鈴木 智也 准教授
テーマ:世の中でどのような予測が行われているか 
参加者: 20名
セミナー後、実用に供し得る予測精度を出すべく、いろいろな予測手法を検討中

【平成26年度】

前年度に引き続きいろいろな予測手法の検討をしたが予測精度の向上は少なかった。
平成25年12月 茨城大学 鈴木 智也 准教授に助言をお願いし、先生より茨城大とFind Chichibu の共同研究の提案を受ける。
平成27年1月~ 共同研究の準備 (平成27年4月~ 当予測研究会と並行し、茨城大のテーマとしての研究がスタート予定)

FindChichibuブログへ

△ページ先頭へ


地域地場産業振興センター

Copyright(c) 2006 地域地場産業振興センター All Rights Reserved.