FIND Chichibu  地域地場産業振興センター 輸出推進調査研究分科会ページです

地域地場産業振興センター トップページへ

輸出推進調査研究分科会

サイト内検索(製品・商品・サービス名etc)
輸出推進調査研究分科会

■ 主な活動内容

【平成23年度】

輸出事業の基礎及び支援策などについて、埼玉国際ビジネスサポートセンター及び日本貿易振興機構(関東貿易情報センター)を訪ね、FINDで考えている海外展開等についてお話をし、担当者から具体的な指導を受けた。なお、日本貿易振興機構:関東貿易情報センターは、引き続き相談支援頂くこととなった。

【平成24年度】

平成24年10月19~28日(分科会としての参加は、10月19~23日の5日間)に韓国 江陵(カンヌン)市にて開催された、「2012江陵ICCN世界無形文化祝祭」に出展し、地域農林産物(秩父カエデ糖・ちちぶ太白サツマイモ)を活用したお菓子のプロモーション、食文化の紹介(展示・試食)を行った。出展に際し、スタッフの派遣、資器材や原材料等の準備、プロモーション物品(タペストリーポスター、リーフレット等)の作成等を行った。

【平成25年度】

平成25年10月シンガポールにて開催されたoishiiJAPANへのエントリーは断念し、次の機会を模索した。 幕張メッセで行われた「ジェトロ食品輸出商談会 at FOODEX JAPAN 2014」に参加し、秩父地場産品の輸出に向けたノウハウの蓄積を図った。

日 時 平成26年3月6日(木)
11:30~(「FOODEX JAPAN 2014」視察)
14:30~(商談1社目)、16:20~(商談2社目)
場 所 幕張メッセ(千葉市美浜区)
相談品 株式会社中村(秩父中村屋) 〔「ちちぶまゆ」でエントリー〕
同行者 秩父市産業経済部企業支援センター 黒田氏

商談の概要

【1社目】 Thai Pan Trading Inc.(カナダ・トロント)

  • 外食(アジア系フュージョンレストラン、寿司・ラーメン店)を複数展開。
  • 味や甘さについてはちょうど良い。カナダでも受け入れられる味であるとの事。
  • 高級感があるので、ホテルなどハイエンド層を狙った方が良いのではないかとのアドバイスがあった。

【2社目】 AgroDirect(ドイツ・ローデルマルク(フランクフルト近郊))

  • 空輸専門の日本食品輸入業者。わさびが主力。
  • サイズについては、小さすぎず大きすぎず丁度良い。コーヒーと一緒に食べてみたい。
  • 欧州はハチミツ文化であり、メープルシロップはそれほどポピュラーではない。ただしフィリング(詰め物)を換えた方が良いとは思わない。ハチミツになると、メープルシロップよりも輸入規制が厳しくなることが想定される。
  • 包装資材について、欧州ではリサイクル意識が徹底しており、輸入する場合は輸入業者がリサイクル費用に責任を有する仕組みになっている。大型パッケージ(竹籠の包装)については、その部分も考慮する必要がある。

結果

両者とも、商品自体は非常に評価をして頂いたが、価格・輸送方法・リサイクル法等の現地法令等により、難しさが有ることを認識した。 しかしながら、課題山積は覚悟の上で有り、また、その課題をクリアしていくことが、実現するための道と考えている。 また、一点買いでバイヤーにぶつけるよりも、多品種を一堂に会して、相手の望んでいる物から、スタートをした方が、効率的で実現性が高いと感じた。

FindChichibuブログへ

△ページ先頭へ


地域地場産業振興センター

Copyright(c) 2006 地域地場産業振興センター All Rights Reserved.